啓発普及事業

当会では、日本酒・焼酎を後世に伝えることを目的に、消費者視点に立ったさまざまな啓発普及事業を行っています。

啓蒙普及事業の写真

消費者に対する商品知識の啓発普及

消費者が商品知識を持つことで日本酒・焼酎の楽しみをより深め、また消費促進にもつながるという考えから、消費者の知識深耕の機会を作るさまざまな活動を行っています。

<主な活動>
・「日本酒検定」/「焼酎検定」の実施
・日本酒・焼酎に関する消費者向けセミナーの実施
・日本酒・焼酎に関する消費者向けセミナーを通じた消費者向け資格の認定
・書籍の発行等を通じた消費者向け情報発信

BtoC(Business-to-Consumer)の機会創造

BtoC(Business-to-Consumer)の機会創造

日本酒・焼酎の造り手、提供販売者と消費者の、より密接な関係構築による消費促進を目的に、その機会創造を様々な形で行っています。

<主な活動>
・日本酒・焼酎の試飲会等の実施
・BtoC型セミナーの実施

日本酒・焼酎文化の保存伝承

日本酒・焼酎文化の保存伝承

日本の伝統酒である日本酒・焼酎の消費シーンを文化ととらえ、その文化を適切に後世へ橋渡しすることを目的に、さまざまな活動を行っています。

<主な活動>
「名誉唎酒師酒匠」/「名誉唎酒師」の任命
・日本酒・焼酎の飲酒文化に関する研究