日本酒検定とは

日本酒検定 アイコン画像

日本酒検定は、日本酒の魅力を消費者のみなさまに知っていただく機会を広く提供し、 消費者が「日本酒をもっと楽しんでいただくこと」を目的に実施しています。
2010年より開始され、今では年間1,500人を超える消費者の皆さまが受験しています。

※テイスティング(試飲)はございません。また、唎酒師とは異なります。

<入門編>

日本酒検定4級・5級「ネット検定」とは?

日本酒検定4級5級はネット検定。時と場所を選ばず受検がオンライン完結!

ネット検定のポイント

4級5級のお申込から公式テキスト購入、受検までがすべてオンラインで完結できます。

公式テキストも電子書籍で購入可能なので、スキマ時間で効率的に学習できます。

お申込後すぐに受験が可能。1回の申込で3回まで受検できます。結果は受検後に即時判定。合格者は「デジタル認定証書」がダウンロードできます。

日本酒検定3級「CBT試験」とは?

CBTとはComputer Based Testingの略で、ITによりネットワーク化された全国260会場を超えるCBTテストセンターにて、コンピューターでの試験となります。
会場受検との公平性を保つため、同レベルの問題からランダムで出題されます。

CBT試験のポイント

年1回のみの会場受験と異なり、受検日時もご都合に合わせて選択可能。全国260以上の会場からお近くの会場で受検できます。

結果は試験終了後に即時判定し、「スコアレポート」を発行します。

合格者にはカード型認定証書が発行され※、結果が形に残せます。
※受験月の翌月末に郵送。

3級・4級・5級のレベルイメージ

3級 日本酒の基礎知識・周辺知識だけでなく、特徴や魅力を理解して第三者に伝えられる
4級・5級 日本酒の基礎知識・周辺知識を活用し、日本酒の魅力をご自身で楽しめる

4級・5級 検定問題例

二肢択一選択方式
※正答のご準備はありません

■「日本酒を構成する5つの核」として当てはまる語句を選択肢より選べ。
■「単発酵」の説明として当てはまる文章を選択肢より選べ。
■蒸しあがった米の使用用途は大きく2つに分けられる。「麹米」ともう1つを選択肢より選べ。
■三段仕込みの4日目。最後の原料投入を行う工程として当てはまるものを選択肢より選べ。
■「諸白」の説明として当てはまる文章を選択肢より選べ。
■奈良時代に「天野酒」が造られていた地域として当てはまるものを選択肢より選べ。
■日本三大杜氏の1つとして当てはまるものを選択肢より選べ。
■日本酒の輸出数量第2位の国または地域として当てはまるものを選択肢より選べ。
■「スパイスやドライフルーツの様な香り、とろりとした飲み口と濃厚な味わい」に当てはまる日本酒の4タイプを選択肢より選べ。
■10~15℃の冷たすぎない温度帯での飲用に最も適したタイプを選択肢より選べ。
■「身体を温める効果の高い食品」として当てはまる語句を選択肢より選べ。
■正月にその年の健康を願い供される酒類として当てはまる文章を選択肢より選べ。

正誤選択方式
※正答のご準備はありません

■日本酒を構成する5つの核の1つは、米である。
■主に日本酒造りで行われる発酵形態は単発酵である。
■醪造りは、本格的なアルコール発酵を行う工程である。
■ヤマタノオロチを退治するさいに飲ませたとされる酒は「八塩折(やしおり)の酒」である。
■明治時代に開発された、日本酒造りの手法の一つが吟醸造りである。 
■「薫酒-香りの高いタイプ-」の特徴は、最も軽快な香味で、すっきりとした飲みやすさである。
■「冷奴」や「野菜のテリーヌ」と最も相性の良い4タイプは熟酒である。
■もっきりは、「升の中にグラスを入れ、日本酒をあふれさせて注ぐ」スタイルである。

3級 前年検定問題ダウンロード

こちらからダウンロードしてください。

3・4・5級について

日本酒の魅力を楽しみたい方は、まずはネット検定の4級・5級で力試し!
日本酒の特徴などまで理解して、周りの人にも伝えたくなったら、CBT試験で3級にチャレンジしよう!

 受検級5級4級3級
受検方式ネット検定ネット検定CBT試験会場受検
※詳細はこちら
受検会場ご自身のパソコンやスマートフォンなどで受験可能 47都道府県260会場 全国8都市
受検日随時
1回のお申込で3回まで受検可能
任意の日程で受検可能(会場により異なる)年1回開催
2021年9月11日(土)
検定料(税込)1,000円1,000円4,650円3,650円
出題方式 30 問(50分)
正誤選択方式
 30 問(50分)
二肢択一選択方式
50 問(50分)
四肢択一選択方式
50 問(50分)
四肢択一選択方式
出題方式 30 問(50分)
正誤選択方式
 30 問(50分)
二肢択一選択方式
50 問(50分)
四肢択一選択方式
50 問(50分)
四肢択一選択方式
合格基準全問題の70%以上の正答率
・結果は試験終了後に即時判定
・合格者は「デジタル認定証書」ダウンロード可能
(記載のお名前表記はヘボン式ローマ字)
全問題の70%以上の正答率
・結果は試験終了後に即時判定
・「スコアレポート」発行
・合格者にはカード型の認定証書を郵送(記載のお名前表記はヘボン式ローマ字)
公式認定グッズもご購入いただけます。

全問題の70%以上の正答率
・結果は検定日後の40日以内に通知を郵送。
・合格者にはカード型の認定証書を郵送(記載のお名前表記はヘボン式ローマ字)
公式認定グッズもご購入いただけます。

受検資格20歳以上であれば、職業、学歴、性別を問わず、どなたでも受検できます。
出題範囲歴史、文化/造り方/モラル・マナー/楽しみ方/雑学
公式テキスト『酒仙人直伝よくわかる日本酒』 
※モラル・マナーに関しては、テキスト以外からの出題となります
申込方法NPO法人FBOが運営する「酒検定」のネット検定のシステムに会員登録の上、お申込みいただけます。
お申込はこちら

CBT受検は、
以下CBT検定WEBサイトにてお申込みいただきます。
お申込はこちら
FBO公式サイトへユーザー登録の上、お申込みいただけます。
お申込はこちら

認定証書(イメージ)

おすすめの受検方法

STEP1 まずは力試しに4級・5級のネット検定から

日本酒検定4級・5級はネット検定なので、ご自宅で受検が可能な日本酒検定の入門級です。
もし不合格の場合でも、1度の申込で3回まで受検できるので安心。
公式テキストも電子書籍で購入できるため、試験勉強も自宅で完結。まずは力試しにトライしましょう!
もちろん、いきなり3級からのチャレンジも可能です。

STEP2 日本酒検定3級CBT試験で結果を形に残そう

日本酒検定3級は、全国47都道府県260会場から選べるCBT試験を選択!
4級・5級とは異なる一発勝負なので、合格した時の感動はひとしおです。合格者には認定証書(カード型)が送付されるので、勉強の結果を形として残すことができます。
※3級は会場でも受検可能です。

STEP3 年1回の会場受検で2級にチャレンジ!

会場受講は毎年1回、全国8都市で開催予定。
今年は2021年9月11日(土)の開催です。
申し込み締め切りの2021年8月17日(火)までにCBT試験で3級を取得すれば、年1回の会場受検で2級にチャレンジができます!
3級取得で身に付けた知識はそのまま生かし、さらにステップアップする2級にチャレンジしてみましょう!

番外編 焼酎検定やワイン検定も。日本酒以外の検定にも挑戦しよう。

当会は日本酒検定の他にも焼酎検定を実施しています。また、当会が認定する日本酒検定や焼酎検定は、NPO法人FBOの公認資格です。
NPO法人FBOでは、ワイン検定・ビール検定・スピリッツ検定など、他の酒類の検定も実施しています。日本酒以外の知識も取得してもっとお酒の世界を広げましょう!

※外部サイトに移行します

出題分野

項目
内   容
歴史、文化 歴史、文化(飲酒文化、地域文化など)
造り方 原料(米、水、微生物)、製造方法
モラル・マナー 未成年飲酒の危険性や飲酒運転の撲滅など、飲酒のモラル、マナー
楽しみ方 飲用温度、酒器、料理との相性、ラベルの読み方など
雑学 生産量、消費量、海外事情、銘柄、醸造元などさまざまなこと

3・4・5級 公式テキスト(出題範囲)

『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』見開き画像

『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』

(A4版/76頁)
定価:1,078円(税込み)

(kindle版/76頁)
定価:820円(税込み)/Kindle Unlimited会員 ¥0 

※モラル・マナーに関しては、テキスト以外からの出題となります。
※ご購入の際は、当会が加盟するNPO法人FBOのオンラインストアをご利用ください。

<上級編>

1級・準1級・2級のレベルイメージ

1級・準1級 日本酒のあらゆることに精通し、後世へ適切に継承発展ができる
2級 日本酒の特徴、魅力を理解した上で、新たな楽しみ方を考案できる

1級・準1級・2級について

日本酒についての高度な知識を身に付けて、ぜひ超難関の1級合格を目指しましょう。

受検方式会場受検
受検会場 全国8都市
受検日年1回開催 2021年9月11日(土)
検定料(税込)4,200円4,700円5,250円
出題方式50 問(50分)
四肢択一選択方式
合格基準正答率75%以上
・結果は検定日後の40日以内に通知を郵送
・合格者にはカード型の認定証書を郵送(記載のお名前表記はヘボン式ローマ字)
正答率80%以上
・結果は検定日後の40日以内に通知を郵送
・合格者にはカード型の認定証書を郵送(記載のお名前表記はヘボン式ローマ字)
正答率85%以上
・結果は検定日後の40日以内に通知を郵送
・合格者にはカード型の認定証書を郵送(記載のお名前表記はヘボン式ローマ字)
出題範囲歴史、文化/造り方/モラル・マナー/楽しみ方/雑学
公式テキスト『新訂 日本酒の基』
申込方法

FBO公式サイトへユーザー登録の上、お申込みいただけます。
お申込はこちら

認定証書(イメージ)

出題分野はこちら

1級・準1級・2級 公式テキスト(出題範囲)

日本酒の基 見開き 画像

『新訂 日本酒の基』

(A4版/282頁)
定価:3,300円(税込み)

※モラル・マナーに関しては、テキスト以外からの出題となります。
※ご購入の際は、当会が加盟するNPO法人FBOのオンラインストアをご利用ください。

1級・準1級・2級 前年検定問題ダウンロード

1級準1級2級

検定日時

1級~3級 会場受検

日 程
時  間
2021年9月11日(土)
申込締切:8月17日(火)
※2021年4月1日(木)12:00申込受付開始
検定実施時間
1部 10:30~11:20
2部 13:00~13:50
3部 15:30~16:20
※時間は指定できません。検定実施日の2週間前までにメール送付される受検票に記載して通知します。
※会場により時間が異なる場合がございます。必ず受検票にてご確認をお願いいたします。

日本酒検定 会場受検

2021年9月11日(土)
全国8都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、京都、広島、博多)で開催

年1回のみ開催される会場受検は、NPO法人FBOが運営する「酒検定」の会場で、日本酒検定3級~1級までが受検できます。
※受検資格や検定料は受検級により異なります。

検定会場

受検地
会  場
札幌 札幌市内
仙台 仙台市内
東京 東京会場①
23区内
東京会場②
23区内
名古屋 名古屋市内
大阪 大阪市内
京都 京都市内
広島 広島市内
福岡 博多区内

公式認定グッズ(1級~3級のみ)

1級 認定ピンズ

日本酒検定1級ピンバッチ

準1級 認定ピンズ

日本酒検定準1級ピンバッチ

2級 認定ピンズ

日本酒検定2級ピンバッチ

3級 認定ピンズ

日本酒検定3級ピンバッチ

日本酒検定 卓上認定証書(専用額付き)

日本酒検定認定書

合格認定名刺

日本酒検定名刺

※ご購入の際は、当会が加盟するNPO法人FBOのオンラインストをご利用ください。

注意事項

① お申込者のご都合によるお申込後の変更・取消・返金は承れません。また、次回への延期もできません。
② 会場受検でお申込の方は、検定当日は受付にてご本人確認を行います。必ず身分証明書※(免許証、保険証、学生証など)をお持ちください。

※身分証明書について
ご本人確認書類としてa、bのいずれかをご持参下さい。
a. 運転免許証、バスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、社員証、学生証など、氏名・生年月日・顔写頁の3点すべての記載があるものいずれか1つ
b. 健康保険証、住民票、年金手帳、社員証、学生証などで、氏名・生年月日の2点の記載があるものいずれか2つ

※会場受検は、最大3つまで本検定以外の“別の酒検定”の受検のお申込が可能です。
ただし“同検定別級”のお申込はできません。
(例:日本酒検定2級、日本酒検定3級の会場受検の申込は【不可】
/日本酒検定3級、焼酎検定3級の会場受検の申込は【可】)
別の酒検定を2つ以上お申込を希望される場合は、FBO事務局 desk@fbo.or.jp までご連絡ください。

お申込 ※20歳未満の方はお申込できません。

お申込は、ご入金の確認をもって完了となります。
※複数人数のお申込はできません。必ず受検者お一人ずつお申込ください。
ご了承の上、お申込くださいますようお願い申し上げます。
※会場受検をお申込の際は、当会が加盟するNPO法人FBOの受注システムをご利用いただきます。
※CBT試験をお申込の際は、CBT-Solutionsが提供するCBT/PBT試験ポータルサイトをご利用いただきます。
※WEB試験をお申込の際は
NPO法人FBOが運営する「酒検定」のネット検定のシステムをご利用いただきます。

会場受検
2021年4月1日(木)12:00申込受付開始 / 申込締切:8月17日(火)
1級
お申込みはこちら
準1級
お申込みはこちら
2級
お申込みはこちら
3級
お申込みはこちら