応募資格:唎酒師、焼酎唎酒師、日本酒検定、焼酎検定の合格者



主催 株式会社海琳堂
協力・後援 NPO法人FBO/日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)


入賞作品はRTD(レディ・トゥ・ドリンク)商品またはテイクアウト商品化!

グランプリ
賞金10万円、「深川醗酵所」食事券
準グランプリ
賞金5万円
入賞
賞金3万円
海琳堂のコンセプトに相応しいRTD/テイクアウト商品のレシピを募集します。
CONCEPT
~日本産酒類の世界を気軽に楽しむ~

現在、酒類業界にとって、国内成人の内「飲酒習慣のない6000万人」を取り込むことが大きなテーマとなっています。
そこで私たちは、日常的に飲酒をしない方でも美味しく手軽なイメージを持っており、減少する酒類消費量のなかで数字を伸ばしている「カクテル」に注目。
わざわざBARなどに入店せずとも、帰宅時などにふらっと立ち寄り、気軽にテイクアウトできる本格カクテルを店頭販売いたします。
そこで皆様からは「日本産のお酒をベースに使用したカクテルレシピ」を募集。
よりシンプルで、斬新、美味しいカクテルのご提案をお願いいたします。
また、海琳堂では店頭販売だけでなく、RTD商品化が可能です。
数多くの方々に、あなたが考案したカクテルをお届けしたいと思っております。

選考課題
日本産酒類(特に日本酒、焼酎、リキュール)をベースとしたカクテル
日本産酒類をベースとして使用し、海琳堂のコンセプトを感じさせる、未発表のオリジナル・カクテルの創作をお願いいたします。
エントリー期間
2022年8月1日(月)正午~9月16日(金)正午
応募資格
以下の条件すべてを満たしている方
・20歳以上であること
・FBO公認・認定資格者、梅酒ナビゲーター(一般社団法人日本梅酒リキュール協会認定)、FBO認定公認検定合格者(級不問)または9月16日(金)正午までにお申込み完了の方
・大会規定に沿ったオリジナルカクテルレシピを開発し、一般公開できる方
・本大会規定を遵守いただける方
選考方法
応募いただいたカクテルのコンセプトやネーミング、味、見栄え、レシピ内容等を踏まえ、オリジナル性が高いとされる作品を大会委員会が選出させていただきます。
第1次選考:「レシピ審査」により上位5名のファイナリストを選出(2022年9月27日(火)発表予定)
ファイナリストPR
ファイナリスト発表後、2022年10月5日(水)までの間、#深川醗酵所カクテル、と付してFacebook、Twitter、Instagram 等のSNSを使ってカクテルのPRを自由な形で実施していただきます。実施内容等にて最終選考での加点対象となります。
最終選考会:2022年10月7日(金)会場:FBOアカデミー東京校
・第1次選考を通過した5名は、一人ずつ順番に5杯分のレシピ選考通過したカクテルを制作。順番は当日くじ引きにて決定します。
・技術は審査対象外となりますが、カクテル制作時間は10分以内とします。
・カクテルの完成度満点80点+SNS 付加ポイント満点20点の合計点でグランプリを決定します。
・オンライン出場の場合の審査用カクテルは専門スタッフが応募レシピに添い制作します。
表彰及び副賞
ファイナリスト5名のうちグランプリ1名、準グランプリ1名、入賞3名
グランプリ:賞金10万円、「深川醗酵所」食事券 RTD商品化
準グランプリ:賞金5万円 RTD商品化
入賞:賞金3万円 テイクアウト商品化
注)RTD商品化、テイクアウト商品化は応募レシピをベースに商品開発します。
応募方法
「海琳堂カクテルコンペティションエントリーフォーム」より必要事項を入力して送信すると自動返信メールが届きます。
メールに記載されているダウンロードURLより「レシピ審査用PDFファイル」をダウンロードしてご応募ください。
1人1作品に限る。2作品以上の応募をした場合は失格とする。
応募費用
無料*使用する材料および道具類は、参加者ご自身で準備をお願い致します。

審査員
審査委員長
株式会社海琳堂 代表 楊 嘯
審査委員
NPO法人FBO 副理事長 日置 晴之
審査委員
日本酒サービス研究会・酒匠研究会 研究室長 長田 卓
審査委員
株式会社ぽんぽんぽん 代表取締役 鈴木 登子
審査委員
バイリンガルタレント・唎酒師 児玉 アメリア彩
 大会規定(応募作品規定) ※必ずお読みください 
1.作品に関する基本規定
①募集テーマにそった、未発表のオリジナル作品であること。
②作品のスタイル(ショート、ロング)、調合技法、使用グラスは自由です。 ※使用材料の規定については「5.レシピに関する規定」をご参照ください。
③指定する応募方法のみの受付となります。
④審査基準に関するお問い合わせは受け付けておりません。
⑤1人1作品に限る。2作品以上の応募をした場合は失格とする。
2.作品のネーミングに関する規定
①作品のネーミングは、未発表のものに限ります。
②著作権の侵害にあたると判断されるものは使用できません。
③造語の使用は、その使用意図や意味が不明瞭であれば減点対象となります。
④倫理上ふさわしくないものを連想させる表現、飲酒運転を想起させるものは使用禁止とします。
3.作品の創作意図に関する規定
作品の創作意図を記す文字数については句読点、文字間スペース等すべてを含め200文字までとします。
4.応募用紙〔レシピ表〕に関する注意事項
①必要事項の記載不備、レシピ表に記載されている商品名、取扱い会社名などを含む表記に誤植があった場合は、減点の対象となりますのでご注意ください。
②応募時に添付する作品の写真については、スマートフォン等で撮影した簡易画像で構いませんが、画像容量は5MBまでとし、アプリ等による加工は不可とします。
5.レシピに関する規定
①カクテルにベースとして使用する酒は日本産酒類に限ります。また、使用量に制限は設けませんがカクテルのスタイルに関わらず、日本産酒類の風味を生かすレシピとしてください。
②ベース以外の副材料は自由に使用いただいてかまいませんが、一般的入手が難しいアイテムなどの使用については、商品化の観点から減点対象とします。
③使用材料は、デコレーション・ガーニッシュの素材も含めず5種類までとします。
④レシピ表に記載のない材料の使用、添加は、失格の対象となりますのでご注意ください。
⑤使用材料はガーニッシュを纏めるカクテルピンやマドラー、ストロー以外は全て食に適するものをご使用ください。
⑥レシピ表は、第三者が見てそれを忠実に再現できるよう、分かりやすく表記ください。
⑦再現性の観点から、自家製材料および二次加工を施した素材は使用不可といたします。

プライバシーに関する規定
本大会の模様を記録した写真や動画等は、主催者ならびに主催者が関連する PR 媒体(ホームページや SNS、会報誌、POP ツール)などに使用されます。予めご了承ください。

お問い合わせに関して
電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 メールにてお問い合わせください。
kairindo@sakejapan.com

※大会規定はスクロールして最後までご確認ください。
大会規定を確認し、同意します。