唎酒師とは

唎酒師は、1991年に制定された日本酒提供・販売者資格であり、4万人以上が認定を受けています。
食に関連する方は必ず持つべき資格といえるでしょう。

唎酒師ってどんな資格?

唎酒師は「お客さまに日本酒を美味しく飲んでいただくための資格」です。

日本酒やもてなし技術などのさまざまな知識を学び研鑽を積んで、日本酒をもっと飲みたい!と思っていただくことが唎酒師の大切な役割です。

資格取得で付与される認定証書と認定章

唎酒師は1991年に制定された日本酒提供・販売者資格であり、4万人以上が認定を受けています。食に関連する方は必ず持つべき資格といえるでしょう。
唎酒師は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)により認定、NPO法人FBOが公認する提供販売者の資格です。日本酒のサービスはもちろんのこと、飲食サービス、小売りサービスに必要な知識、技術を学び有効なセールスプロモーション能力を身に付けた、いわゆる、日本酒のソムリエといえます。酒類業界や飲食業界の最新情報にアンテナを張り、日々その能力を維持・向上を図る日本酒提供販売のプロフェッショナルです。

唎酒師は1991年に制定された日本酒提供・販売者資格であり、約5万人が認定を受けています。食に関連する方は必ず持つべき資格といえるでしょう。
唎酒師は、日本酒のサービスはもちろんのこと、飲食サービス、小売りサービスに必要な知識、技術を学び有効なセールスプロモーション能力を身に付けた、いわゆる、日本酒のソムリエといえます。
唎酒師は酒類業界や飲食業界の最新情報にアンテナを張り、日々その能力を維持・向上を図る日本酒提供販売のプロフェッショナルです。
唎酒師は日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)により認定、NPO法人FBOが公認する提供販売者の資格です。

資格の活用例

日本酒のプロ、唎酒師。
この資格を持つことで
「日本酒をおすすめ」することに
自信と信用がついてくる!

CASE1 飲食店(居酒屋、レストラン、バルなどにお勤めの方)
CASE2 酒販店(小売・卸業にお勤めの方)
CASE3 取引先で(営業・広報・秘書業務などに携わる方)
CASE4 イベントで
(観光業、日本酒イベントに携わる方、インフルエンサーなど

唎酒師の能力とは?

唎酒師の能力とは、「日本酒のセールスプロモーションにおける戦略・戦術の企画立案、実施」に資する力に尽きる(『新訂 日本酒の基』より)。

「日本酒のセールスプロモーションにおける戦略・戦術の企画立案、実施」に資する力とは、
3つに細分化された知識や能力を総合的に駆使する能力のこと

季節に合った料理や酒器の提案力
⇒お客様の好みに合う日本酒の提案力

唎酒師は以下の1~3の知識や能力を総合的に駆使し、季節の行事や気候に応じて日本酒の種類や組み合わせる料理、器などの提案力を持ちます。現状の問題点の改善方法を踏まえたうえで、それぞれのお客様にとってベストな日本酒の提供ができるトータルなプロモーション能力を身に付けた人だけが、「唎酒師」としての資格を与えられるのです。

1.飲料全般および食品に関する基礎知識

日本酒及び飲料全般や食品に関する幅広い知識
⇒酒税法や経営理論に関する知識

唎酒師は、何よりもお客さまからの信頼が大切です。お客さまに信頼され、提案を受け入れていただくためには、日本酒に限らず飲料全般や食品に関する幅広い基礎知識を身に付けることが必要です。例えば食品・飲料の語源、商品特性、歴史、世界の食文化や日本の文化などから、酒税法やマネジメント論にまで及ぶ総合的な知識が求められます。

2.日本酒のテイスティング力

日本酒の香りと味わいを判断できる能力
⇒日本酒の香味をわかりやすく説明できる能力
⇒劣化した日本酒を識別できる能力

唎酒師は、日本酒のテイスティングを通じて香味評価をきちんと行うことができます。また香味の違いによる日本酒のタイプ別分類を理解し、お客さまが求めている日本酒がどのタイプなのか提案できる能力があります。そして、お客さまにわかりやすい言葉でそれぞれの日本酒の香味の特徴を説明できます。劣化した日本酒の識別能力も身に付けています。

3.日本酒のサービス力

お客様をもてなす心
⇒トレーニングする習慣
⇒ニーズを洞察する能力

唎酒師のベースとなる心構えは「お客さまをもてなす心」です。いくら知識が豊富であっても、肝心のお客さまにとって心地良い提供や分かりやすい説明ができなくては、「もてなしの心」があるとは言えません。日本酒の特性に合わせてベストな温度でお客さまに提供する能力や、「唎酒師としての能力が衰えないように日々トレーニングする習慣」「お客さまが求めているものを洞察する力」が求められます。そしてお客さまが求めるものを洞察する能力も必要とされるのです。

唎酒師の能力維持のために

唎酒師は酒類業界や飲食業界などの最新情報に常にアンテナを張り、
日々、自身の能力の維持・向上を図る日本酒提供
販売のプロフェッショナルです。

日本酒提供販売のプロフェッショナルである唎酒師は、日々新しい情報を仕入れ、自身の能力の維持向上を図ることが必須です。自身の能力向上を図らずして、お客さまからの信頼は得られないでしょう。
SSIおよびNPO法人FBOでは、唎酒師(FBO認定会員)の皆さまに向けさまざまな自己研鑽の場をご提供しています。
※唎酒師はFBO認定会員への入会が必須です

~唎酒師へのサービス一部紹介~
◇SSI・FBOから毎週 最新 情報が届く
FBO認定会員限定のセミナー、動画配信を定期実施
プロフェッショナル専用サロン、コミュニティの利用で会員間での情報交換、交流が可能
唎酒師のカリキュラムを動画でいつでもどこでも復習
※上記サービスはFBO認定会員サービスの一部です

※NPO法人FBOのWEBサイトに移行します

FBO認定会員とは?
FBO認定会員とは、NPO法人FBOが公認・認定する提供販売者向け資格(唎酒師やワインコーディネーター/ソムリエなど)を取得された方のみが入会していただける会員制度です。年会費がかかります。詳細はNPO法人FBOのWEBサイトをご覧ください。

日本酒へのニーズと、唎酒師が求められる理由

約2000年の歴史を持つ日本酒
日本酒は、神話にまでさかのぼる歴史と伝統を持ち、さまざまな気候風土とそこに根付いた文化のぶつかり合いの中で磨かれ、研ぎ澄まされてきた芸術品です。
日本酒造りの職人が品質を高めるとともに各地の気候風土に適合する酒質に仕上げ、地域の食文化を代表する地酒としても発展を遂げてきました。

日本酒は冬の時代を経て再び注目されるように
日本酒の生産量、消費量は昭和 50年頃にピークを迎えた後、減少に転じますが、平成に入ってから、新しいコンセプトの日本酒造りが行われるようになり、現代のニーズに合った嗜好品として再び注目されるようになりました。2013年に「和食」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されたこともあり、現在、日本酒は世界中から注目されています。

消費者に日本酒の選び方や楽しみ方を伝えられる人材が求められている
⽇本酒の飲⽤経験が乏しい、いわゆる⽇本酒ビギナーの不満の多くは、「どういう味や⾹りかがわからない」「どういう器や温度で飲んだらいいかわからない」「どういう料理と楽しめばいいかわからない」など、味や⾹り、楽しみ⽅といった、お店側からの提案を求めるものが多数です(当会調べ)。
これは、
一般消費者にとって、⽇本酒に専⾨的で難解な表⽰情報が多いなどわかりにくく、またそれを説明する提供販売者側にとっても端的な販売促進が難しく積極的な販売促進を⾏えないことが原因にあるのではないでしょうか。
唎酒師は、そのような一般消費者の「わからない」を取り除く存在として「日本酒の有効なセールスプロモーションの実行力」を身に付けた日本酒の魅力を伝え広める、「日本酒提供のプロフェッショナル」として多方面で求められています。

外国人に対しても日本酒を提供できる唎酒師が必要
現在、輸出相手国の約30%は米国ですが、香港、韓国、中国、台湾などアジアでの日本酒需要が高まっています。特に中国は10年前と比較すると1500%以上の増加率となっており、今後に期待が高まります。
近年はコロナ禍により輸出数量、金額ともにほぼ横ばいまたは低下に転じる見込みですが、世界中で日本酒の愛飲家が増えていく中、海外への輸出、またコロナ収束後の外国人観光客の回復のため、外国人が望む日本酒提供ができる唎酒師が国内外で求められているのです。

【日本酒の輸出金額と輸出数量】『新訂 日本酒の基』より

日本酒を活用し、地域活性を図る「唎酒師」が増加中
国内では、日本酒の魅力で観光客を誘致する試みが盛んです。2012年に開催された佐賀県鹿島市「鹿島酒蔵ツーリズム」では、2日間で約3万人もの観光客が訪れました(翌年は約5万人、2017年は約8万人)。
鹿島市は人気の高い日本酒を飲むことが観光の目的になることを証明し、全国各地でも同様の取り組みが始まりました。今、旅行ガイドをはじめ観光業に従事する唎酒師も増えています。

日本酒イベントでも活躍する唎酒師
日本酒のイベントが全国各地で頻繁に行われるようになりました。特に女性層、若年層から人気が高く、斬新なコンセプトのイベントが評判です。日本酒イベントを企画したり、運営したり、実際に接客にあたる唎酒師も増えています。
さらに、グルメ雑誌や各種トレンドを紹介する雑誌、新聞、テレビなどでも日本酒と唎酒師を取り上げる機会が増えています。