Vol.6 初夏にピッタリの美味しさ!奄美が誇る「黒糖焼酎」の魅力

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分18秒です。

段々気温が上がってきたのぉ~。暑い日のおススメは黒糖焼酎じゃ。

という訳で、今日は黒糖焼酎の歴史や特徴、魅力をお伝えするぞよ。

立夏を過ぎ、段々と暑くなる日が増えてきたのぉ~。急な気温上昇でバテ気味の人もおるのではなかろううか。気温が変わると夜に嗜むお酒も変化するじゃろ!? 初夏の陽気を感じられる今日この頃におススメしたい焼酎があるぞよ。それは奄美で造られる黒糖焼酎じゃ。黒糖由来の甘く華やかな香味は、ロック、水割り、ソーダ割りにすると、なんとも言えん爽快な飲み心地が得られるのじゃよ。

家飲みでも黒糖焼酎の魅力を味わおう
奄美大島開運酒造の代表銘柄「れんと」は、音響熟成という独自の製法で造られた黒糖焼酎です。約3ヶ月間クラシックをを聴かせて熟成しているそうです

黒糖とは、サトウキビの搾り汁を煮詰めたもの

黒糖焼酎が造られる奄美群島は、鹿児島県に属しておって、場所的には沖縄県のすぐ上に位置する南国の島々なんじゃよ。黒糖焼酎は、その中の奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の5島で造られておるのじゃ(現在、27社の酒蔵が存在)。黒糖とは、サトウキビの搾り汁を煮詰めたものじゃよ。サトウキビは、17世紀の初めに中国から伝来したようじゃ。ただし、当時のサトウキビは超高級品だったため、これを原料にはしなかったんじゃよ。

黒糖焼酎が造られる奄美群島は、鹿児島県に所属
奄美群島の美しい青空とサトウキビ

酒税法の例外として黒糖を原料とすることを許される

黒糖を原料にした焼酎が本格的に造られるようになったのは、太平洋戦争後のこと。当時も今も黒糖を焼酎の原料にすることは酒税法で禁止されておるのじゃが、奄美群島が1953(昭和28)年に日本に返還された際、米麹を併用するという条件付きで、奄美群島だけは特産の黒糖を原料にしてよいという特例が出されたんじゃ。そこから奄美群島の黒糖焼酎の歴史は始まるというわけじゃな。

2009(平成21)年には、地域団体商標として「奄美黒糖焼酎」が登録されておる。群島内の全社が加盟する奄美大島酒造協同組合では、奄美諸島の地図をデザイン化してロゴマークを制定し、黒糖焼酎のボトルに貼付するようにしておるぞよ。

奄美黒糖焼酎のロゴマーク。
奄美諸島の地図をデザイン化している

黒糖焼酎には糖分は一切含まれない

外飲みを自粛しなければならない時期が続いておるんじゃが、奄美で造られる黒糖焼酎を家で飲みながら、せめてもの南国気分を味わってみてはいかがかの? そして、コロナ禍が終息したら、奄美に赴き、コーラルブルーの海を眺めながら、是非本場の「黒糖焼酎」を味わってくだされ。

黒糖焼酎は「糖分が多いから…」と敬遠する人がおるようじゃが、蒸留して出来上がった焼酎に糖分は一切含まれないので、安心して飲まれるとよかろう。

のんびり海を見ながら黒糖焼酎が飲める日を心待ちに…

【参考】
『焼酎の基』(SSI)

交通新聞社発行『交通新聞(7月25日付)』 美酒漫遊の旅「奄美大島と黒糖焼酎と国道」(筆者:若松隆夫氏)

【注意事項】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利は
NPO法人FBOに帰属します。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください『焼酎の基』

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

Vol.● 熟成古酒の魅力を探ってみませんか?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分53秒です。

ワインの熟成は聞いたことがあるじゃろう。

じゃが、熟成した日本酒がどんなものか、知っておるかの?

なじみのないお方もおられるじゃろうから、「日本酒の熟成古酒」について、ちと解説いたそうかのぉ。ワインに比べると、まだまだ聞き慣れんかもしれんが、最近では熟成させた日本酒もよく見るようになっておるぞよ。ワインやウイスキー、醤油や味噌の世界では聞きなれた言葉じゃが、「熟成肉」や「熟成魚」「熟成日本酒」という言葉は、確かに新鮮じゃな。

日本酒を長時間寝かせる事により、何らかの化学変化をさせる

まさに“ビンテージ”という言葉がふさわしい熟成古酒

そもそも熟成とは、広辞苑によれば「十分に熟してできあがること」「物質を適当の温度に長時間放置して化学変化を行わせること」などと書かれておる。つまり、長時間寝かせることで、何らかの化学変化をさせるということじゃな。

日本酒のラベルには古酒、熟成酒、熟成古酒、長期熟成酒、秘蔵酒などと書かれて市場に出回るんじゃ。熟成年数はさまざまじゃが、中には10年以上の古酒なんかも売られておるぞよ。

見た目の色は透明から茶色へ、飲み口は非常に重厚に変化

見た目は透明から黄色、そして茶色へと変化するのじゃ。また、サラサラだった液体は少しねっとりとなる。また、糖蜜類、ドライフルーツ、木、ナッツ、出汁製品類、スパイスなどに例えられるような複雑で濃縮感の高い香りが生じて、飲み口は非常に重厚に変化するのじゃ。どうじゃな? 熟成の世界はとても深いものじゃろう?

熟成古酒は、その色合いもさまざま

SSIでは、「長期熟成酒研究会※1」の協力のもと、熟成古酒※2の正しい知識、提供方法を学べるセミナーを随時開催しておる。熟成古酒について詳しく学べるほか、さまざまな料理と熟成古酒の相性を探っていくぞよ。

※1熟成古酒の製造に関する技術交流と市場の開発を目的とした、酒造会社による任意団体として昭和60年に設立された
※2長期熟成酒研究会では、「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」を熟成古酒と定義している。

天保6年創業の日本酒と古酒の蔵元、達磨正宗(岐阜県)の熟成古酒

【参考】
SSI(2019)『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』FBO出版

【注意事項】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利は
NPO法人FBOに帰属します。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください『焼酎の基』

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. Vol.7 父の日のプレゼントには日本酒がおススメ!

  2. Vol.6 初夏にピッタリの美味しさ!奄美が誇る「黒糖焼酎」…

  3. Vol.5 泡盛の酒器を紹介

  4. Vol.2 出来たての味「無濾過生原酒」とは?

  5. 下戸と大戸

    Vol.1 お酒を飲めない人を【下戸】というワケ

  6. vol.3 日本酒ラベルで見かける「大吟醸酒」や「吟醸酒」な…