Vol.15 夏は甘酒!いろんな味を試してみませんか?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分16秒です。

最近、甘酒の種類が増えておるのぉ。

甘酒は、元々夏の飲み物じゃと知っておったかの?

今、人気の甘酒について、栄養面での良いところや歴史を紹介いたそうかの。甘酒全体の売り上げは一時の勢いほどではないにせよ、現在も順調に売り上げを伸ばしておる。

甘酒人気の理由は、血行と代謝促進などの機能性や美肌効果など

人気の理由の一つは、酒の機能性じゃ。血行と代謝を促進し、美肌効果やダイエットにも有効であるとされておるから、従来は高年齢女性の消費が大部分じゃったんじゃが、現在は30〜40代の飲用者も増えておるのじゃ。また、愛飲する人は、定期的に大量に購入する傾向があるそうじゃ。

江戸時代、甘酒は夏に飲まれていた

甘酒は「冬の飲み物」というイメージを持っている人が多いが、江戸時代のころは夏に飲まれておったんじゃよ。

俳句でも夏の季語になっておる。甘酒は栄養効果が高く、夏バテにも効果的じゃから、ぜひ今の時期に飲んでほしいのぉ〜。

甘酒売り(資料提供:国立国会図書館)

甘酒は米麹で造られるものと酒粕から造られるものの2種類

甘酒は米麹から造られるものと、酒粕から造られるものの2種類あるのを知っておるかの? 現在、食品加工メーカーや酒造メーカーからいろんな甘酒が販売されておる。

また、食品加工メーカー、酒造メーカー各社は、他者との差別化や酒粕や米麹の独特の香りを軽減するために、スパークリング甘酒や、フリーズドライのレモン味の甘酒乳酸菌が入った甘酒などいろんな商品を出しておる。
皆も、この夏はいろいろな甘酒を飲んでみてはどうじゃな?

【参考】
『訪日外国人客に対する日本産酒類の効果的な販売・提供方法』(発行/NPO法人FBO)

【注意事項】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利は
NPO法人FBOに帰属します。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください『焼酎の基』

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. Vol.8 健康的な料理と日本酒の楽しみ方 夏編

  2. vol.3 日本酒ラベルで見かける「大吟醸酒」や「吟醸酒」な…

  3. Vol.26 旬の日本酒、「ひやおろし」の起源

  4. Vol.24熟成古酒の魅力を探ってみませんか?

  5. Vol.18 甘口の酒が甘いわけじゃない

  6. Vol.17 夏の魚「長物」。その楽しみ方を知っておるか?