【開催報告】「唎酒師」6/7 受験プログラム[1日通学コース(東京)]

唎酒師が日本酒の原料・製造方法で知るべきこととは

1日通学コースでは、総ページ数500ページ以上、3冊のテキストから、その中でも重要となる以下の項目について講義を行います。

『真のプロフェッショナルが行うべき「もてなし」』/『食品、酒類(飲料)全般の基礎知識』
【日本酒の基礎知識】
・原料 ~「米」「水」「微生物」について
・製法 ~「発酵」「原料処理」「製麹」「酒母造り」「醪造り」「搾り(上槽)から瓶詰め」について
・表示 ~「関連法規」「日本酒の定義」「製法品質表示基準」について
・香味特性別分類(4タイプ)について
・日本酒のテイスティング① ~香味特性別分類(4タイプ)の把握
・日本酒のテイスティング② 〜劣化した日本酒の判別
・サービスの心得
・保存管理、容器(ボトル)、提供温度、酒器、料理との相性
・日本酒の香味特性別(4タイプ)と料理との相性体験
【日本酒のセールスプロモーション】
・消費者別、季節別、料理のジャンル別、香味特性別分類(4タイプ)別セールスプロモーション

日本酒の原料・製法・表示についての本日の講義は、せんきん(栃木県)・専務取締役であり当会常務理事の薄井一樹が講師を務めました。

唎酒師は、日本酒の提供・販売のプロフェッショナルであり、日本酒を造ることが仕事ではありませんが、自身が取り扱う商品が、どのように造られているのかを知ることは欠かせません。
講義では、そのような視点で、原料や製造方法が製品に、どのような影響を与えるのかを主に解説させていただきました。

日本酒の保存管理の重要性

日本酒のサービスは、まさに唎酒師が、お客様と日本酒の接点で行う重要な行動ですが、本講義では、それ以前に何よりも「保存管理」の重要性を解説させていただきました。「どんなに素晴らしいサービスであっても、提供される日本酒が傷んでいては意味がありません。唎酒師の最低限の使命のひとつは、蔵元が造られた味わいを、できるかぎり、そのままでお客様にお飲みいただくことです。(講義内容から)」。

次回開催はこちら

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. 【開催報告】「唎酒師」6/11-12  2日間集中プログラム…

  2. 【開催報告】「日本酒セミナー」講師:石黒 建大 6/21開催…

  3. 【開催報告】「日本酒セミナー」6/12開催(東京)

  4. ≪9-11月無料開催≫【飲食のプロの方向け】日本酒は売れる!…

  5. 北海道産酒造好適米「吟風」「彗星」「北雫」の香味特性を探る

  6. 【開催報告】【飲食のプロの方向け】日本酒は売れる!‛香味特性…