【日本酒の造り方 その1】微生物

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分51秒です。

世界には、ヨーグルトや納豆、味噌など数多くの発酵食品が存在します。発酵食品の一つである日本酒は微生物の働きを応用して作られる醸造酒です。日本酒造りに使われる「麹」や「酵母」などの微生物の特徴や役割をご紹介します。

日本酒はアルコール発酵を利用する醸造酒

発酵とは主に「目に見えない微生物の働きにより、有機物質が他の何かに変化すること」です。発酵食品の一つである酒は「酵母」という微生物が関わっています。

酵母は糖分を「アルコール」と「炭酸ガス」に変化させるのですが、これを「アルコール発酵」または「醸造」と呼び、その手法で造られるのがビール、ワイン、日本酒などの「醸造酒」です。

アルコール発酵の仕組み

米や麦などの穀物の主成分はデンプン質で、そのままの状態ではアルコール発酵は起きません。そこで、日本酒では「麹菌」というカビの一種を使ってデンプンに変えて発酵させるのです。

日本酒の発酵(複発酵)の仕組み

麹と酵母について

大部分の日本酒造りには、黄麹菌が用いられます。麹という名が付くものには、「麹」「麹米」「麹菌」「種麹」などがあります。
「麹」とは、穀物に麹菌を繁殖させたものの総称で、米を使ったものが「米麹」です。酒母造りに使用する「酒母麹」と、醪造りに使用する「掛麹」に分けられます。

黄麹菌(アスペルギルス・オリゼ)

酵母の種類はパン用、酒用などに分かれ、酒用には日本酒用酵母、ビール用酵母、ワイン用酵母などがあります。 日本酒造りには、協会7号、協会9号などと名づけられた、日本醸造協会の培養による「協会酵母」が主に使われています。
酵母は、糖分をアルコールと炭酸ガスに変える働きの他、フルーティーな香りやフローラルな香りなど、香りを特徴付ける役割も担います。

ご自宅で気軽に日本酒検定を受検したい方はこちらから

『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』を購入したい方はこちらから

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. テイスティングに挑戦

  2. 日本酒のラベルを読む

  3. 日本酒ならではの魅力10カ条 アイキャッチ画像

    日本酒ならではの魅力10カ条

  4. 日本酒を構成する5つの核 アイキャッチ画像

    日本酒を構成する5つの核

  5. 【歴史その2】平安から昭和時代の日本酒

  6. 【日本酒の原料】「米」と「水」を学ぶ