Vol.9 夏に美味しい「夏酒」とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分3秒です。

「夏は夏酒が美味しい」と聞いた事があるじゃろう?

何故だか知っておるかな? その理由を教えてしんぜよう。

今の季節、居酒屋や酒屋に行くと、ブルーのボトルの日本酒がたくさん並んでいるのをよく見かけるじゃろ? これらは「夏酒」というネーミングで出回っている商品に多く見られ、2007年頃から出回るようになったんじゃ。

青、水色、緑色、透明など、夏っぽい色のボトルが多い

実は夏酒に厳密な規定はないんじゃが、だいたい「水色緑色、透明など、夏にふさわしい色のボトル」「夏っぽいカジュアルなラベル」「スッキリとした軽快な味わい」「キレイな酸味を持つ」といった特徴をもつ日本酒が多いんじゃよ。

見た目の涼しさも大切

夏酒は"火入れ"をしない生酒も多い

皆の衆には「夏酒」を是非楽しんでもらいたいが、一つだけ注意点があるぞよ!
それは保存管理じゃ。「夏酒」はスッキリとした軽快な味わいに仕上げるために、火入れ(※)をしない生酒も多く、とても繊細な酒質なのじゃ。真夏の紫外線や高温は大敵じゃぞ。必ず冷蔵庫で管理をして、開栓後は早めに飲み切るのが肝心!

※火入れとは:低温加熱殺菌のこと。一般的な日本酒は造る過程で2回の火入れをするのじゃ。
図のように、火入れの回数によって名称が異なるから、覚えておくとよかろう。

【参考】『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』(NPO法人FBO)

【注意事項】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利は
NPO法人FBOに帰属します。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. Vol.31 蔵人の長「杜氏」とは?

  2. Vol.16 今、大人気の甘酒の健康効果にご注目

  3. Vol.15 夏は甘酒!いろんな味を試してみませんか?

  4. Vol.5 泡盛の酒器を紹介

  5. Vol.11 七夕と夏酒

  6. Vol.7 父の日のプレゼントには日本酒がおススメ!