篠 寛光 さん(たつみ清酒堂 東京)

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分57秒です。

1961年埼玉県生まれ。
広告代理店勤務を経て、2018年より「たつみ清酒堂 東京」ゼネラ ルマネージャー(専務取締役)に就く。ツイッター @tatsumiseisyuはほぼ毎日発信、できるだけ専門用語は使わないようにしている。

幕間に1杯試飲もできる、 歌舞伎座近くの日本酒専門店

明治 22(1889)年に開かれた東京・銀座の歌舞伎座。幾度かの変遷を経て、現 在の姿は2013年に竣工されたものです。 周囲の路地に飲食店が軒を連ねる中、青いのれんに提灯、“うまいお酒専門店”の キャッチが目印の「たつみ清酒堂 東京」が、 昨年9月に誕生。埼玉の北大宮駅前に本店があり、オーナーの稲野邉修氏とFBOを通して出会ったという、篠寛光氏が東京店 のゼネラルマネージャー(専務取締役)を務めています。

「私は元々、広告代理店に勤務しており、 趣味として日本各地へ旅をしては地元の料 理と酒を味わうのが楽しみでした。更にもう一歩踏み込んで知識を身につけたら、お店 の人との会話も充実するのではないかと思い、唎酒師の資格を2010年に取りました。 そして、’14 年に本店を開いた稲野邉オー ナーとタッグを組んで私も酒の売り手側になりたいと考え、’16 年に早期退職制度で退職。海外進出を視野に入れ、国際唎酒師を取り、ニューヨークに視察も行きましたが、ライセンスの関係で実行には至らず。ならば、まずは東京に店を出そうということになりました」

 直取引の約30蔵元の日本酒を主体とし、 店内の片側一面の冷蔵ケースにずらり。近隣に勤める人たちが電車で持ち帰りやすいよう、四合瓶も豊富に揃えています。  
対面にはスタンディングテーブルを設け、8種類程度を、ワイングラスを用いて60㎖ 300 〜500円で提供、酒の肴もあります。 「メジャーではないものも少なからずあるので、味を知っていただくためのテイスティングサービスです。角打ちとは違うのですが、 歌舞伎座の幕間にちょっと1杯という使い方をされる方もいらっしゃいますね」
場所柄、外国人客も見込めるため、商品カードにスペルを併記。
篠氏はFBO公認講師、日本酒学講師の資格も持つため、日本酒の魅力を伝えるイベントなども企画したいとのことです。

たつみ清酒堂 東京

東京都中央区銀座4-13-5 
☎︎03-3542-2822
URL:https://tatsumiseisyu-dou.com 
12:00 〜 20:00(平日)
10:00〜18:00(土)
日・祝休 

「2019年5月現在」

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. 薬師 大幸 さん(いにしえ酒店)

  2. 漆畑 博子 さん(〼Kuramae)

  3. 川島 太 さん(青山三河屋川島商店 )

  4. 小林 浩子 さん(上越やすだ恵比寿店)

  5. 東野 有樹 さん(コスモリカー寺田町店)

  6. 宮本 重晴 さん(MiwaMiya)