山口 直樹さん(「和食日和 おさけと」代表)

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分59秒です。

資格を取得してからがスタート。日々研鑽を積んでいます。

好きなお酒のタイプは、醇酒です。理由は、日本酒の最大の特徴である「旨味」を活かしたお酒であり、温度帯、相性料理の幅広さなどの提供する側としての面白みのあるお酒だからです。
おすすめの肴はチーズです。お店でもご自宅でも、幅広いシーンで楽しめる相性抜群の素材で、どのお酒にどのタイプのチーズを合わせるかという面白さもあるので。

唎酒師を取得しようとしたきっかけは、
どのようなことでしでしたか?

通っていたホテル専門学校の授業の中に日本酒の講座があり、授業の最後が唎酒師の試験でしたので、酒類全般を勉強する一環として取得しました。

唎酒師取得以降、どのような変化がありましたか?

客様からの期待に応えられるようにより勉強をしようと思うようになりました。
資格を取る前の勉強自体よりも、資格を取ってから積み重ねの勉強のきっかけになったことが重要だと、今では思います。

唎酒師として大切にしていること

お酒には色んな個性がありますが、美味しくないお酒はない。
お客様の好みや、お料理、状況に合わせてのご提案で喜んで頂けることでお酒も輝けるという思いで、日々研鑽しています。

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. 小川 宏さん(「俺の割烹銀座本店」 店長)

  2. 瀬戸 光一さん(白鷹株式会社)

  3. 篠 寛光 さん(たつみ清酒堂 東京)

  4. 山岸 裕一 さん(玉城屋)

  5. 漆畑 博子 さん(〼Kuramae)

  6. 篠 寛光さん(「たつみ清酒堂」東京店)