金井 雄二さん(医師)

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分10秒です。

シーンや料理に合わせて、
好みの日本酒を自由に選べるのが唎酒師。

好きなお酒のタイプは、醇酒。理由:食中酒として最も幅広くどんな料理・シーンともマリアージュしやすい。
おすすめの肴は、伊豆産 鯵の干物です。

唎酒師を取得しようとしたきっかけは、
どのようなことでしでしたか?

もともといろいろなお酒を飲むのが好きでしたが、その中で日本酒は苦手なお酒のひとつでした。
理由は日本酒の種類の多さとその違いがわからなかったから。知らずにとてもおいしいお酒に巡り合うこともありましたが、そうでないこともたくさんありました。
日本酒選びの基準になれば、と勉強をし始めたのがきっかけです。

唎酒師取得以降、どのような変化がありましたか?

日本酒のことがわかってくると自分の好みの日本酒をシーンや料理に合わせて自由に選べるようになってきました。
また学んだ知識を「他の人にも伝えたい」という気持ちが芽生え、先日はSSIの協力もあり関東10都県の人が集まる会合で、それぞれの地方の地酒を集めて飲み比べ会を開催することもできました。

唎酒師として取り組んでいること

日本酒はいろいろな料理と合わせることで、食事の楽しさ・美味しさも膨らみます。
かつての私のように、日本酒選びが苦手な消費者がまだまだたくさんいると思います。消費者目線だから分かること、伝えられることがあると思うので、「消費者代表唎酒師」として日本酒の素晴らしさを伝えていければと考えています。

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. 山岸 裕一 さん(玉城屋)

  2. 瀬戸 光一さん(白鷹株式会社)

  3. 坂口 浩一(サカグチ ヒロカズ)さん

  4. 小川 宏さん(「俺の割烹銀座本店」 店長)

  5. 川島 太 さん(青山三河屋川島商店 )

  6. ティーヤ(大高友也)さん(日本酒バー店主/日本酒愛好家団体部…