vol.3 日本酒ラベルで見かける「大吟醸酒」や「吟醸酒」などの違いって何?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分47秒です。

大きく分けると、原料や製造法の厳しい条件をクリアした「大吟醸酒」「吟醸酒」などと名乗れる「特定名称酒」と、それ以外の「普通酒」に分かれるんじゃ。

「吟醸酒」や「純米酒」などというという名称は、よく見かけるのぉ。じゃが、意味はあいまいにしか知らない人が多いのではなかろうか?

_p27_精米50

「特定名称酒」は、酒類業組合法で基準が決まっておる。製造途中でアルコールを加えていない日本酒は「純米酒系」、加えたのは「本醸造系」と言うんじゃ。

製造途中でアルコールを添加していないのが「純米酒系」

純米酒系のうち、精米歩合50%以下、つまり半分以上削った米を使うお酒が「純米大吟醸酒」、60%以下なら「純米吟醸酒」「特別純米酒」、精米歩合に規定がないのが「純米酒」と区分しておる。

醸造用アルコールを添加した日本酒は「本醸造系」

醸造用アルコールを添加している「本醸造系」では、精米歩合50%以下が「大吟醸酒」、60%以下が「吟醸酒」「特別本醸造酒」、70%以下が「本醸造酒」と言うのじゃ。

しかし、「特定名称酒」は、日本酒の味わいや香りを表現するものではないのじゃ。あくまでも「参考程度に」すると良いじゃろう。

参考図書:『新訂 日本酒の基』

 

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. Vol.33 東京で造られる焼酎?

  2. 【日本酒の造り方 その2】日本酒製造の工程

  3. Vol.4 紫外線は日本酒の大敵。これからの季節は万全の対策…

  4. Vol.10 夏におススメしたい「日本酒ロック」

  5. 【歴史その1】日本酒誕生にまつわる逸話

  6. 日本酒を構成する5つの核 アイキャッチ画像

    日本酒を構成する5つの核