日本酒ならではの魅力10カ条

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分59秒です。

日本酒は、致酔飲料(酔うことを目的に飲む酒類)ストレス発散のためのアルコールとしてだけではなく
知的好奇心を満たす大人の嗜みとしていただきたい飲み物。
大切な家族や友人との交流を深めるためや、ホッと一息つくための癒しとしても活用したいものです。

世界のお酒と比較した、日本酒ならではの魅力10カ条をここに掲げます。
これらの魅力要素を生かす楽しみ方を心掛けてみましょう。

⒈ 冷やしても温めても楽しめる飲用温度帯の広さ

⒉ 夏は冷酒、冬は燗酒など、季節ごとに飲み分けられる

⒊ 料理との相性が広い食中酒。特に魚介類と好相性(主に麹の効果)

⒋ 旨味成分(アミノ酸など)を含むコクのある酒

⒌ アルコール飲料の中で、身体を冷やす効果が低く、また美肌効果が高いとされる健康酒

⒍ 各地域の特性を反映したバラエティ豊かな地酒

⒎ 日本を代表する國酒

⒏ 神様に捧げる聖なる液体として伝承されてきた伝統酒

⒐ 高価な原料から造られる特別な酒

⒑ 高度な技術(並行複発酵)を要する付加価値の高い酒

最新ニュースや商品情報、イベントのご案内などを希望される方へ

関連記事

  1. 【日本酒の原料】「米」と「水」を学ぶ

  2. 日本酒の香味特性別分類(4タイプ)

  3. 【歴史その2】平安から昭和時代の日本酒

  4. 【歴史その3】平成の日本酒~日本酒新時代へ~

  5. 【歴史その1】日本酒誕生にまつわる逸話

  6. 日本酒を構成する5つの核 アイキャッチ画像

    日本酒を構成する5つの核